« 第036回「神経細胞②」②/2 | トップページ | 第038回「再生医療②」②/4 »

2009年6月24日 (水)

第037回「再生医療①」①/4

037

ルビを付け忘れました・・幹細胞(かんさいぼう)

2007年11月5日放送NHKスペシャルで放送された

「眠れる再生力を呼びさませ~脳梗塞・心筋梗塞治療への挑戦」

【詳細】これもDVD化して欲しいですね~

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本初の臨床試験を実施した

札幌医科大学付属病院 脳神経外科では

現在でも神経再生医療の臨床試験が行われており、

受け入れ条件は・・・

●札幌近郊在住

●年齢20歳~75歳

●脳梗塞発症から3週間以内

近郊の方は、身近な方が脳梗塞で倒れた時に

rt-PAで血栓を開通させれた場合

[rt-PAについて→【第004回「急性期治療」】]

札幌医科大学付属病院の神経細胞

再生治療を受けたい事を主治医に

伝えてみると良いかと思います。

(札幌医大に搬送されるのが一番良いのですが)

他に臨床試験が行われている所は、

大阪の国立循環器センターでも実施される様な

情報があったものの、頓挫したのかは分かりませんが

国立循環器センターの臨床実施情報には明記されて

いなかったので、されていないのかもしれません。(´・ω・`)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

今年の6月に、京都大学再生医科学研究所の

中村達雄准教授らが動物実験で、

おなかの脂肪から取り出した幹細胞で

脳神経の再生に成功したという事です。

その幹細胞がどの様な分化が

できるのかは未知数ですが・・

脂肪の場合、骨髄を摂取するよりは、患者さんの

負担を軽減できる事もあり、人への応用にも期待です。

中村達雄准教授らのチームは、脳腫瘍の手術後や

脳梗塞などで欠けた部分を補う治療法につなげる

一歩にしたいという事なので慢性期の

脳梗塞患者には嬉しい言葉ですね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

テレビでたまたま観ていたものの、録画できなかったのですが

アミノレブリン酸」(=ALA)についても

再生医療の分野でも注目されていくと思われます。

ALA開発研究をされた田中徹さんと大阪医科大学が

共同研究し、急性期の脳梗塞のマウスに投与した所・・

壊死しかけた脳細胞が再活性化されていき、

その後マウスは、運動機能が回復していくのが

確認されてます。ALAは骨髄幹細胞と比べて、

どれぐらいの再生力があるのか

まだまだ未知数ですが・・・急性期の脳梗塞で脳の壊死が

抑えられるだけでも素晴らしい事だなぁ感心しちゃいます。

【前回】→第036回「神経細胞②」

【次回】→第038回「再生医療②」

ランキング→【リハビリ】

        【脳、神経、脊髄】

        【医療情報】

|

« 第036回「神経細胞②」②/2 | トップページ | 第038回「再生医療②」②/4 »

再生医療」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第037回「再生医療①」①/4:

« 第036回「神経細胞②」②/2 | トップページ | 第038回「再生医療②」②/4 »