« 第152回「ST⑥『ウィスコンシン・カード』」 | トップページ | 第154回「食事の成長」 »

2009年9月18日 (金)

第153回「ぬり絵」

153

脳の働きについて→第022回「マヒとは」

第023回「脳とリハビリ」に書いていますが・・

後頭葉は視覚に関わる部位なので、

→下絵を見る

側頭葉は記憶を司る「海馬」がある部位で、

→記憶を探り、認識。

前頭葉は思考、判断、行動を司る部位、

→配色を考え、塗る。

頭頂葉は空間(右脳)、認知を司る部位

→全体のバランスを考える。

という風にぬり絵で脳全体を

使う事となり、認知症予防にもなります。

あと、マヒしている方の手でぬり絵をしていた方もいました。

縁取りされた絵に色がはみ出さない様に慎重に丁寧に

していたのが印象的です。

「大人のぬり絵」というのがでたのも、

認知症防止にぬり絵を取り入れ、

お子さん用のぬり絵を与えた所、

なぜ子供がする様な事をしないとならないのかと

いう不満やショックを受けた年配の方がいた為、

浮世絵や風景画のぬり絵の下絵を与えた所、

積極的に始める様になった方が急増したみたいです。

大人のための美しいぬり絵 浮世絵編(名画13点)  / [本] 大人のための美しいぬり絵 浮世絵編(名画13点) / [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

【前回】→第152回「ST⑥『ウィスコンシン・カード』」

【次回】→第154回「食事の成長」

ランキング→【リハビリ】

        【脳、神経、脊髄】

        【医療情報】

|

« 第152回「ST⑥『ウィスコンシン・カード』」 | トップページ | 第154回「食事の成長」 »

リハビリ病院にて②」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第153回「ぬり絵」:

« 第152回「ST⑥『ウィスコンシン・カード』」 | トップページ | 第154回「食事の成長」 »