« 第165回「リハビリテーション総合実施計画書①」①/2 | トップページ | 第167回「FIM」 »

2009年9月18日 (金)

第166回「リハビリテーション実施計画書②」②/2

166

ADLの評価やマヒの程度なども評価を見る事ができ、

リハビリ病院では2通頂いたので、それを見比べると

やっぱり成長しているなぁと実感したりします。

左半身マヒなので、半側(左)空間無視はありますが

右半身マヒに表われる言語障害(失語症など〉はありません。

口のマヒはあるので、構音障害は少しあります。

(左脳右脳いずれかを損傷しても表われる障害です)

【前回】→第165回「リハビリテーション総合実施計画書①」

【次回】→第167回「FIM」

ランキング→【リハビリ】

        【脳、神経、脊髄】

        【医療情報】

|

« 第165回「リハビリテーション総合実施計画書①」①/2 | トップページ | 第167回「FIM」 »

リハビリ病院でされた説明」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第166回「リハビリテーション実施計画書②」②/2:

« 第165回「リハビリテーション総合実施計画書①」①/2 | トップページ | 第167回「FIM」 »