« 第178回「PT⑨『歩行距離』」 | トップページ | 第180回「ST⑨『罰ゲーム』」 »

2009年9月20日 (日)

第179回「OT⑨『手のリハビリ』」

179

指を曲げれる様になり、掴められる様になりました。

指を伸ばす事は難しいんですけどね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

最近、親友が手のリハビリに関する記事↓を教えてくれました。

【脳卒中 念ずれば動かしてくれるリハビリの新装置】

(リンク切れの場合あり)

リハビリによって刺激を与える事で神経細胞が

繋がっていきます→第031回「刺激」

慢性期(維持期)の手のリハビリに応用する事が

できるという装置です。

リンク切れの場合分からなくなるので、

文章を転載しますが・・

(文章の転載に問題がある場合消去します)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

脳と機械を結ぶブレーン・マシン・インターフェース

(BMI)技術を使って、脳卒中患者の機能回復を

図る新しいリハビリ方法を慶応大のグループが

開発に成功し、効果が確認された。体を動かそう

と念じると、機械がその脳波を読み取り、強制的

に体を動かす。こうした訓練で、脳からの命令が

筋肉に伝わりやすくなるようにする。

慶応大大学院生の川嶋喜美子さん、

牛場潤一専任講師(生命情報学)らは、

脳卒中で、運動命令を出す脳の領域

から脊髄(せきずい)までの神経回路のどこかが

傷つき、手の指が2年以上動かせなくなった

40~60代の患者4人の脳波を計測。

指を伸ばそうとした時と安静時の脳波を解析した。

さらに、指を伸ばす命令が脳から出た時に、

強制的に指を伸ばす装置で、患者の指を

動かすように設定。

うまく命令が出せたかどうかが、モニターの

星印の動きでわかるようにした。

うまく命令が出せているかどうかわかると、

次第に余計な力が入らないようになると

考えられるためだ。この訓練を4~7カ月、

4人に受けてもらったところ、2人は指を

伸ばせるようになった。残る2人は伸ばすこと

はできなかったものの、筋肉に神経から信号が

伝わるようになった。訓練で新たな神経回路が

できたのかどうか、詳しい仕組みはわからない

という。牛場さんは「BMIは、これまで方法が

なかった慢性期の患者のリハビリに応用できる」

と話している。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ブレーン・マシン・インターフェース」は、「指を伸ばす」

という脳波の信号を読み取ると機械が指を強制的に

伸ばしていきます。それを繰り返す事で命令の信号に

すぐ反応する事(指を伸ばす事)ができるという装置です。

機会があれば、弟にも受けさせてあげたいです。

【前回】→第178回「PT⑨『歩行距離』」

【次回】→第180回「ST⑨『罰ゲーム』」

ランキング→【リハビリ】

        【脳、神経、脊髄】

        【医療情報】

|

« 第178回「PT⑨『歩行距離』」 | トップページ | 第180回「ST⑨『罰ゲーム』」 »

OT(作業療法)リハビリ②」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第179回「OT⑨『手のリハビリ』」:

« 第178回「PT⑨『歩行距離』」 | トップページ | 第180回「ST⑨『罰ゲーム』」 »