« 第260回「抜歯①」①/2 | トップページ | 第262回「血栓溶けました」 »

2010年2月24日 (水)

第261回「抜歯②」②/2

261

ワーファリンを服用していても、抜歯ができるという事で

循環器内科の先生に予約をとっていただき、行きました。

午前で最後だった為か、見学しますか?と看護士さんに

言われ、まさか見学できると思わなかったのですが、

漫画の参考にもなると思い、見学。・・・ワーファリンを

服用しているから、特別な抜歯方法があるのかと思いきや、

はやくて分かりません(笑)

当然血も出ず(不思議)引っ掛け傷であれだけ、

血がでるのに抜歯だとどれだけ出るのだろうと

思いましたが・・・何ででしょうね・・?

まあ予約前、循環器内科の先生に

少しだけ薬の数は減らしたので

(弟の場合、服用を完全にストップすると

危険という先生の判断)

それも関係するのでしょうけど・・抜歯をした頃、

ワーファリン服用時の血液検査で

PT-INR」という項目がありますが、

2009年1月時点では「2,16」抜歯可能数値は3以下

なので、抜歯出来ます。

少しの傷で通常の2倍以上の出血量

(私の目視で)なので、治療後、弟に訊ねてみると、

血はでてないって事なので・・これは先生の技術

がいいって事でしょう。

無事に抜歯ができてよかったです。

ちなみに服用をストップすると1%という事ですが、

塞栓症の可能性があります。たとえ1%でも

服用をストップせず、限りなく0に近づけた方が

いいですので、抜歯の為にリスクを

負ってまでストップする必要はないです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2010年9月28日追記。

ちなみにこの時、抜歯した歯を持ってます。

弟だけでなく、私の親知らずの歯を保管してますが・・

(虫歯の蝕み方に感心しちゃって)

最近、iPS細胞についての情報で↓

従来より100倍以上の効率で親知らず(歯胚)からiPS細胞を樹立

親知らず(歯胚の細胞)からガン因子となる

cMycなしでiPS細胞が作製できるという記事です。

親知らずは将来の為に、凍結保存していた方が

いいかもしれませんね^^

【前回】→第260回「抜歯①」

【次回】→第262回「血栓溶けました」

ランキング→【リハビリ】

        【脳、神経、脊髄】

        【医療情報】

|

« 第260回「抜歯①」①/2 | トップページ | 第262回「血栓溶けました」 »

病状・後遺症の説明⑥」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第261回「抜歯②」②/2:

« 第260回「抜歯①」①/2 | トップページ | 第262回「血栓溶けました」 »