« 第265回「障害年金の申請③」③/10 | トップページ | 第267回「障害年金の申請⑤」⑤/10 »

2010年2月24日 (水)

第266回「障害年金の申請④」④/10

266

障害認定日による請求と事後重症による請求だと

年金受給が決定した場合、初回の支給額に差があります。

これはやはり、障害認定日による

請求をした方が良いですね。

事後重症による請求は、障害認定日から三ヶ月以内の

診断書がなかった場合の救済処置でもあります。

障害年金が最短で支給されるとすれば、一年六ヶ月経った日

から一ヶ月以内に書類を揃えて、年金請求(裁定請求)

の受付を済ませ・・それから約5~6ヵ月後に年金証書が届いた

場合、特例を除き、通常時の障害年金支給は、

初診から2年前後ぐらいが最短かと思われます。

【前回】→第265回「障害年金の申請③」

【次回】→第267回「障害年金の申請⑤」

ランキング→【リハビリ】

        【脳、神経、脊髄】

        【医療情報】

|

« 第265回「障害年金の申請③」③/10 | トップページ | 第267回「障害年金の申請⑤」⑤/10 »

障害年金」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第266回「障害年金の申請④」④/10:

« 第265回「障害年金の申請③」③/10 | トップページ | 第267回「障害年金の申請⑤」⑤/10 »