« 第290回「ガンで入院~経過⑧」⑧/8 | トップページ | 第292回「放射線治療②」②/6 »

2011年2月12日 (土)

第291回「放射線治療①」①/6

291

友人などに放射線治療を受けると伝えると、

一部の友人から「妊娠できなくなるんじゃないの?」

言われた事がありますが、照射部位が

違うし、子宮頸がんなどの放射線治療は

妊娠できる年齢の人には外科手術で確実に

根治させる治療が優先されると思うので、

(外科手術を受ける体力がない年配の方が

受ける事が多いみたいです。)

なので、放射線の副作用で妊娠ができない

いう事はないです。

照射部位別の副作用について書いていきます。

【頭】

頭痛、嘔吐、嘔気、めまい、脱毛、視力障害。

脱毛については、治療が終われば再生しますが

時間がかかる事があります。

【頚部】

物を飲み込んだ時に痛む、声がかすれる

痰がからむ。私の場合、痰がからむぐらいでした。

【食道消化管】

食道狭窄(きょうさく)、嚥下(えんげ)困難、

通過障害、潰瘍(かいよう)、出血、腸炎。

刺激の少ない水分の多い食事を少しずつ

頻繁に摂る様にし、うがいを行い、口の中を

清潔に保つ事が大切です。(次回へ続く)

【前回】→第290回「ガンで入院~経過⑧」

【次回】→第292回「放射線治療②」

ランキング→【リハビリ】

        【脳、神経、脊髄】

        【医療情報】

|

« 第290回「ガンで入院~経過⑧」⑧/8 | トップページ | 第292回「放射線治療②」②/6 »

癌①」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第291回「放射線治療①」①/6:

« 第290回「ガンで入院~経過⑧」⑧/8 | トップページ | 第292回「放射線治療②」②/6 »