« 第291回「放射線治療①」①/6 | トップページ | 第293回「放射線治療③」③/6 »

2011年2月12日 (土)

第292回「放射線治療②」②/6

292

耳鼻咽喉、放射線、放射線技師の先生方が集まり

照射位置を検討します。マスクが石膏なわけなく、

網状の針金マスク?で顔、首を形成していきます。

前回の続き照射部位別の副作用パート2です。

【肺】

肺炎を起こすことがあります。

咳、痰、発熱、呼吸困難、胸痛などの症状が出た

場合、風邪と思い込まず、早急に受信して下さい。

上気道感染の予防、禁煙、十分な睡眠と休養を

心がけましょう。

【乳房】

乳房が硬くなる事があります。また脇の下に照射

すると胸がむくむ事があります。

放射線治療後、2、3~6ヵ月後に放射線肺炎が

起こる事が稀にあります。

薬を飲んでも症状が治まらない時は、肺臓炎の

可能性もあるため、早めに受診して下さい。

【前立腺】

排尿時痛、頻尿、残尿感などの膀胱炎症状が

起こる事があります。まれに排尿障害が現れる

事もあります。

【骨】

骨折しやすい状態です。

患部に負担がかからない様に手すりを使用

したり、転倒しない様に歩行時は運動靴を

使用してください。

【前回】→第291回「放射線治療①」

【次回】→第293回「放射線治療③」

ランキング→【リハビリ】

        【脳、神経、脊髄】

        【医療情報】

|

« 第291回「放射線治療①」①/6 | トップページ | 第293回「放射線治療③」③/6 »

癌①」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第292回「放射線治療②」②/6:

« 第291回「放射線治療①」①/6 | トップページ | 第293回「放射線治療③」③/6 »