« 第295回「放射線治療⑤」⑤/6 | トップページ | 第297回「PET-CT検査①」①/6 »

2011年2月12日 (土)

第296回「放射線治療⑥」⑥/6

296

傷は結構気に入っているのでいいのですが、

術後からですが、痰がからむ様になり、

目覚めたら喉に引っかかってる痰を取り除く

事から始まります。今現在も、痰がからみますが、

寝方を工夫したり、マスクをつけて就寝し、かなり

痰の量が減少しました。

あとは声が出にくくなった・・と言っても生活レベルに

支障はないのですが、カラオケに行った時に、余裕で

声が出せた部分がかすれる様になりました。

声帯を直接傷つけたわけでもない状態で、かすれる

ので、歌手や役者の方が喉頭がんになり、声帯切除

拒んでしまうものなんだなぁと感じます。

【前回】→第295回「放射線治療⑤」

【次回】→第297回「PET-CT検査①」

ランキング→【リハビリ】

        【脳、神経、脊髄】

        【医療情報】

|

« 第295回「放射線治療⑤」⑤/6 | トップページ | 第297回「PET-CT検査①」①/6 »

癌①」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第296回「放射線治療⑥」⑥/6:

« 第295回「放射線治療⑤」⑤/6 | トップページ | 第297回「PET-CT検査①」①/6 »