リハビリ施設見学

2012年5月 2日 (水)

第341回「リハビリ施設見学①」①/8

341

生活訓練と機能訓練の違いについて。

弟が希望しているのは機能訓練ですが、

マヒした手足の運動機能の回復を目的とした訓練です。

生活訓練はADLやIADL、APDL

(前回の記事を参照にしてください)

を一人で行える様に訓練します。

【前回】→第340回「障害者自立支援法③」

【次回】→第342回「リハビリ施設見学②」

| | トラックバック (0)

第342回「リハビリ施設見学②」②/8

342

マヒをしてから手足を使わなくなった場合、

関節部分のシワが薄くなるみたいです。

ちゃんとリハビリしているかどうか判定できますね。

【前回】→第341回「リハビリ施設見学①」

【次回】→第343回「リハビリ施設見学③」

| | トラックバック (0)

第343回「リハビリ施設見学③」③/8

343

リハビリを週5できるみたいですが、弟は仕事の

関係上、週1に選択しました。通所入所型のリハビリ

施設でしたので、通うのが遠い方は入所していました。

給付金により、通所は無料で、入所でも、うろ覚えですが、

月1万(食費込み)で利用できたと思います。(大阪市の場合)

入所している方がリハビリに集中できていいかなと思います。

【前回】→第342回「リハビリ施設見学②」

【次回】→第344回「リハビリ施設見学④」

| | トラックバック (0)

第344回「リハビリ施設見学④」④/8

344

足を前に出すというより、腰を前に突き出す意識で

歩いてみるという事かと思います。

手足は使わないと可動域も狭くなるので、

定期的に動かしておく事で硬くなるのを防ぎます。

【前回】→第343回「リハビリ施設見学③」

【次回】→第345回「リハビリ施設見学⑤」

| | トラックバック (0)

第345回「リハビリ施設見学⑤」⑤/8

345

医療情報を得る為、弟は色々検査を受けました。

長くて付き添っている私が疲れました。

【前回】→第344回「リハビリ施設見学④」

【次回】→第346回「リハビリ施設見学⑥」

| | トラックバック (0)

第346回「リハビリ施設見学⑥」⑥/8

346

訓練等給付金の受給証は本人ではなく、リハビリ施設の

方へいき、本人に連絡されます。

実の所、ここで描かれているリハビリ施設見学は2回目です。

1回目は入所だけの施設で、弟は入所する気満々でしたが、

後で、仕事があるから無理といい、うやむやになりました。

かなりいい施設だったので、勿体無いなぁとは思いました。

【前回】→第345回「リハビリ施設見学⑤」

【次回】→第347回「リハビリ施設見学⑦」

| | トラックバック (0)

第347回「リハビリ施設見学⑦」⑦/8

347

やっぱりリハビリに期限があるのはどうなのかなと

感じます。

【前回】→第346回「リハビリ施設見学⑥」

【次回】→第348回「リハビリ施設見学⑧」

| | トラックバック (0)

第348回「リハビリ施設見学⑧」⑧/8

348

2年間週五だったら、概算で500日以上リハビリ

できるかな~と週一の弟は二年で100日ぐらい。

全然違うなぁと…勿体無い勿体無いぞ弟。

【前回】→第347回「リハビリ施設見学⑦」

【次回】→しばしお待ちください

| | トラックバック (0)